家電の周波数が違うとどうなるの?違っても使える家電なの?

家電の周波数やヘルツを気にしないといけない荷物

旧式の家電の場合、引越しによって電圧が変化すると利用できなくなる場合があります。

 

どのような家電に注意が必要なのか、そして電圧が異なる家電をそのまま使うとどんなリスクがあるのか、対処法も含めて紹介します。

 

 

 

・日本国内でも地域によって周波数が違う

意外かもしれませんが、日本国内でも地域によって周波数が異なります。

 

 

これは明治時代に東日本ではドイツ式の50ヘルツが、西日本ではアメリカ式の60ヘルツが輸入・採用されたためであり、現在も静岡県の富士川と新潟県の糸魚川周辺を境目に東西で周波数が異なっています。

 

 

引越し先で異なる周波数を使って家電を稼働させた場合、モーターの回転数が変化することによって家電が故障したり、性能が大幅に低下したりしてしまう可能性が高まります。

 

 

また、最悪の場合には火災を招いてしまう恐れもありますから、十分な注意が必要になります。

 

 

 

・注意が必要な家電とそうでない家電

 

周波数の違いに気を付けなければならない主な生活家電

 

  • 冷蔵庫、
  • 扇風機、
  • 空気清浄機、
  • ドライヤー、
  • 掃除機、
  • 加湿器

です。

 

これらの家電は周波数の違いによってモーターの回転数が変化するため、性能が大幅に落ちてしまいます。

 

 

また、

  • 電子レンジや
  • 洗濯機、
  • 蛍光灯

 

は周波数が変わると全く使えなくなってしまいますから、部品の交換や買い替えが必要です。

 

 

一方で周波数の影響を受けずにそのまま使用できる家電

  • テレビ、
  • ビデオデッキ、
  • DVDレコーダー、
  • BDレコーダー(ブルーレイレコーダー)、
  • パソコン、
  • 掃除機、
  • 電気ストーブ、
  • こたつなどです。

 

これらの家電は周波数に変化によって性能が劣化することがなく、引越し先でもそのまま使い続けられます。

 

 

・引越し先で使うべきではない家電の見分け方

まずはそれぞれの家電の取扱説明書に記載されている周波数を確認して下さい。

 

50Hzと書かれている家電は関西地方で利用できず、60Hzと書かれている家電は関東地方で利用できません。

 

取扱説明書が見つからない場合には、家電の本体から型番を見つけてインターネットで検索してみましょう。商品のスペックから周波数を見つけられるはずです。

 

 

ただし、ここ10年以内に発売された家電であれば、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機など種類を問わず異なる地域で使用できるように改善されています。

 

同じように取扱説明書を確認し、周波数に「50Hz/60Hz」と書かれている場合にはいずれの周波数にも対応できるように設計されているので、引越し先でもそのまま家電を使い続けて構いません。

 

 

 

引越し先で今までの家電を使い続けて良いのか悪いのかをどうしても自分自身で判断できなければ、最寄りの電気店に相談してみましょう。

 

家電の型番を伝えればプロの目線で確実な情報を提供してくれます。

 

 

今までに使っていた家電を引越し先で使えないことがわかったら、運搬する荷物を少しでも減らすために引越しの前に買い替えることをおすすめします。

 

販売店では古い家電の下取りや処分を代行してくれることも多く、手間を省いてお得に買い替えが可能です。

 

新しい家電の配送先は必ず新居を指定することを忘れないようにしましょう。

 

 

また、引越し先が海外という場合には日本の家電を使用することはできませんから、引越し前に処分するようにして下さい。