帰り便を使った引越し方法って?

帰り便を使った引越し方法って?

「今回の引越しは帰り便を使えたから安かった」そんな噂を耳にしたことはありませんか?

 

帰り便とはどんなサービスで、どんなメリットとデメリットがあるのか、分かりやすく紹介していきます。

 

 

そもそも帰り便って何?帰り便はニッチな引越し方法の一つ!

帰り便とは、運送トラックが目的地の場所まで荷物を搬送し、出発点に戻るついでに荷物を積んでいくサービスです。

 

トラックの「帰り」に荷物を積んで行ってくれる「便」であることから帰り便という名が付き、運送業界特有の用語として使われています。

 

 

例えば大阪から東京へ荷物を運搬してきたトラックがあったとします。仕事を終えた運送業者としては荷台が空のまま大阪に戻っても利益になりませんから、格安でも東京から大阪に荷物を載せてくれる顧客を求めます。

 

そこに目を付けて東京から大阪への引越しを運送業者に求めれば帰り便が成立するという仕組みです。

 

つまり帰り便はそれぞれの需要と供給を交互に満たし合うニッチな引越し方法と言えます。

 

 

帰り便のメリットとデメリット

 

帰り便のメリットは何と言っても価格の安さです。

 

運送業者としては、本来入るはずのなかった仕事を追加できるという都合上、料金を格安に設定できます。

 

具体的には一般的な引越しの半額程度の料金で済む場合が多く、格安で引越ししたいという方にとっては非常に魅力的なサービスです。

 

しかしその一方で、料金以外の面では不便な点やデメリットが多いことを知っておかなければなりません。

 

 

 

まず、そもそも帰り便は非常に少なく見つけることが難しいという問題があります。運送業者や引越し業者はその道のプロですから、如何にして効率的なルートを運転させるかを常に考えています。

 

A地点からB地点、B地点からC地点、C地点からA地点へ、というように無駄のない1日のスケジュールを組んでいるのです。

 

 

帰り便を見つけることができる確率は低く、巡り合えたらとてもラッキーです。

 

 

 

もし帰り便を見つけられたとしても、スケジュールは業者の都合に合わせることになります。

 

 

あくまでも他の仕事のついでとして提供されているサービスなので、業者側の優先順位は最も低く、引越しの開始時刻は夕方や夜間になることがほとんどです。

 

ですから、午前中に作業を終えて新居でのんびりしたいという方や、新居に照明機器が設置されておらず暗所での作業が困難という場合には帰り便は向いていません。

 

 

また、帰り便は引越し業者ではなく運送業者によって提供されているケースが目立ちます。運送業者の場合、普段の仕事で引越し作業を行った経験に乏しく、作業のクオリティが引越し業者と比較して格段に落ちる恐れもあります。

 

責任問題を避けるために、梱包が不十分な精密機器やワレモノの運搬は拒否されてしまう可能性がありますから、事前に業者側と入念に打ち合わせをしなければなりません。

 

 

そして希望通りの大きさのトラックを配車してもらえないこともデメリットです。

 

4トントラック相当の荷物があるにも関わらず配車されるのが2トントラックでは荷物を積み切ることができませんし、複数台の帰り便を同じ日に手配することは極めて困難ですから、大規模な引越しとの相性が悪いことも帰り便の特徴です。

 

 

つまり、帰り便は家族単位の大きな引越しではなく、単品輸送のような小さな引越しには向いているサービスとなります。

 

 

帰り便を見つけるための方法

前述した通り、帰り便は業者側も極力作りたくないサービスであるため、非常に貴重な存在となっています。

 

トラックのスケジュールを組むのは配車に関連する部署であり、引越し業者に見積もりを依頼した際に来てくれる営業担当者は畑違いなので、見積もりの際に帰り便を希望したとしても手配を受けることは難しいというのが現実です。

 

 

なるべく早く帰り便を見つけるためには、見積もり依頼の電話を業者に入れた段階で「帰り便を利用したい」という希望を伝えておくとスムーズです。

 

断られてしまう可能性もありますが、トラックの運行状態を見て帰り便の有無を確認してもらえることもあります。

 

 

また、一括見積もりサービスを提供しているサイトはそれぞれの運送業者の配車関連部署にパイプを持っていることも多く、こういったサイトを経由することでより帰り便を見つけやすくなります。

 

 

帰り便を見つけることは簡単ではありませんが、運良く利用できれば金銭面で大きく得ができます。

 

特に少量の引越しの場合にはメリットが大きく、利用を検討する価値は十分にあります。この記事で紹介したデメリットと照らし合わせ、諸問題を許容できるのであれば、帰り便を探して引越しを安く済ませてみてはいかがでしょうか。