引越し時に家電の準備でやることリスト

引越しの準備が必要な家電とその準備方法に付いて

たとえ少量の引越しでも、家電製品が含まれれば事前準備が必要な物もあります。

 

引越しで家電を運搬する前には、引越し後のトラブルや故障を防ぐために入念な準備が必要です。こ

 

のページで引越し前の準備方法について代表的な家電を一つずつ取り上げながら説明するので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

 


・テレビ

 

テレビ自体の配線はシンプルで、チューナーに繋がるケーブルとコンセントを取り外すだけで準備が整います。

 

漏電や故障のリスクを避けるために、ケーブル類に触る前には必ず主電源を切ることを忘れてはなりませんが、それさえ守れば誰でも安全に引越しの準備ができます。

 

ただし、DVDやBDデッキ、外付けHDDなどの周辺機器を接続している場合には、後先のことを考えずに全てのケーブルを一気に抜いてしまうと、新居でケーブルの繋ぎ方がわからずに困ってしまうので対策が必要です。

 

まずは新居でケーブルを確実に元通りの位置へ接続するために、ケーブルを抜く前にテレビの背面をカメラで撮影しておきましょう。

 

スマホやガラケー、デジカメなどで写真を撮っておけば、現像する手間もかからずに新居ですぐに正常な接続状態を確認することができます。

 

よりわかりやすくするためには、色付きのペンでケーブルに印を付けておくこともおすすめできます。

 

1から順番の数字をケーブルに書き込んでおくだけで、全く同じ色のケーブルだとしても迷わずに配線を整えられるようになります。

 

 

 

 


・洗濯機

 

洗濯機を運搬する前には水抜きが必要です。

 

水抜きを怠ると洗濯機の中に残っていた水が運搬中に溢れ出し、洗濯機自体が故障するリスクが発生するばかりか、周囲の荷物を水浸しにしてしまう恐れもありますから、説明書をよく読んで引越し前日までに水抜きを済ませておきましょう。

 

 

また、洗濯機の中だけでなくホースの中に残った水にも要注意です。蛇腹になったホースの底の部分に水が溜まっていることに気付かずに梱包してしまうと、やはり水漏れが起こってしまいます。

 

梱包前に必ずホースの水を全て出し、それでも残留した少量の水は吸い取れるように、ホースをタオルで包んでおけば完璧です。

 

 

そしてドラム式洗濯機の場合には、輸送時のドラムの回転を防ぐためにネジの装着が必要になります。

 

ネジが付いていないドラム式洗濯機の運搬を拒否する引越し業者もありますから、見積もりの際は担当者に洗濯機を確認してもらい、運搬の可否を尋ねておくこともおすすめできます。

 

 

 

 


・冷蔵庫

 

家電の中で最も入念な事前準備が必要になるのが冷蔵庫です。

 

まず、引越しの1週間前からは余計な食材を買い足さず、当日までにできる限り冷蔵庫の中身を食べ切るようにしましょう。

 

特に温度の変化で急速に品質が劣化する牛乳や生クリームといった乳製品、そして冷凍食品には要注意です。

 

 

醤油やソースなどの調味料は運搬中の揺れで中身が漏れ出してしまう恐れがありますから、きちんと密封した上でクーラーボックスなどに入れて運搬すると良いでしょう。

 

余談ですが、プラスチック等のケースに入れて常温で管理している砂糖や塩などの調味料は、ケースの口が開かないように養生テープで固定すれば中身が飛び出す心配がなくなります。

 

 

引越し前日には必ず水抜きと霜取りを行って下さい。

 

引越しの24時間前を目安に冷蔵庫の電源を切ってコンセントを外し、蒸発皿に冷蔵庫の中の水を落とします。

 

電源を切った後は冷蔵庫の扉を全て開放し、温度差で霜ができた場合にはタオルで拭き取ります。

 

同じように製氷機と氷もすべて空にして、水漏れの発生を抑えましょう。

 

 

食べ切れなかった食材や冷凍品が残り、どうしても新居に持って行きたいという場合には、大きな氷やドライアイスを同梱したクーラーボックスに入れて持ち運んでも構いません。

 

ただし冷温を保つには限界がありますから、引越しが長時間に及ぶ場合には宅配業者のクール便を利用し、引越し完了後に確実に受け取れる日付を指定して新居に配送することをおすすめします。

 

 

 

 


・電子レンジ

 

電子レンジはコンセントとアース線を抜くだけで安全に梱包でき、配線も単純なので特に大きな事前準備は必要ありません。

 

ただし、回転皿や天板などの本体から取り外せる付属品は全て取り出し、別口で梱包して下さい。

 

 

梱包を行う際には扉が開かないように養生テープで固定し、ガラスが使用されている部分にはエアーキャップを当てるなど対策を施してから段ボールに封入しましょう。

 

 

鍋やフライパン、食器類の梱包を終え、調理器具が手元に無くなった後にも一番最後まで活躍してくれるのが電子レンジです。

 

冷凍食品などの引越し前に冷蔵庫に残りがちな食材も調理できますし、お弁当を温めることもできます。ですから、電子レンジの梱包は引越し直前に行うと便利です。

 

 

 


・掃除機

 

掃除機は多少の衝撃で破損しない頑丈な造りになっているため、最低限の保護を施した上で段ボールに入れて梱包するだけで構いません。

 

荷物を運び出し後、最後の部屋の掃除で必要になることもありますから、事前に荷造りをせずに引越し当日までそのままの状態で置いておきましょう。

 

 

新居の掃除の際にも掃除機はすぐに必要になりますから、他の荷物に埋もれて場所がわからなくならないように、梱包後の段ボールには大きく「掃除機」と書いておきましょう。

 

また、清潔な状態ですぐに掃除を始められるように、パック式掃除機の場合には新しいパックに付け替えておいたり、サイクロン式掃除機の場合にはダストボックスを空にしておいたりするなど、引越し前にメンテナンスを済ませておくと便利です。

 

 

 

 

このように、家電製品にもそれぞれの準備が必要です。計画を立ててきちんと準備しておくと良いでしょう。