液晶テレビの梱包や運搬方法は?

壊れやすい液晶テレビの荷造り方法を解説!

引越しの中で運搬に対し特に注意を払わなければならない家電が液晶テレビです。

 

高額な家電を傷付けず、壊さず新居まで運搬するための梱包方法について詳しくお伝えします。

 

 

液晶テレビの安全な梱包方法

引越しを行う際にはあらゆる荷物を梱包しなければなりませんが、衝撃に弱い精密機器はより慎重な梱包が求められます。

 

とりわけ外部からのダメージに対して非常に弱い液晶テレビの梱包には一段と警戒を強めなければなりません。

 

液晶テレビの梱包で必ず必要になるのが、エアーキャップと呼ばれる緩衝材です。これは薄手のビニールの中に空気が封入された緩衝材であり、プチプチという名称でも親しまれています。

 

状態が良ければ通販等を利用した際に使われていたエアーキャップを再利用しても構いませんが、手元に無い場合や新品が欲しいという方はホームセンターや100円ショップでエアーキャップを入手できます。

 

 

 

エアーキャップを使うと、液晶テレビで最も重要な液晶画面を保護できます。

 

二重、三重といった形で液晶テレビをグルグルに包み、梱包後に指で触っても画面の感触を全く感じないほど程度まで厳重に保護して下さい。

 

 

液晶テレビ本体の梱包が完了したら、さらに段ボールに液晶テレビを詰めて保護を強めます

購入時の外箱が残っていればそれを使うことがベストですが、既に廃棄しているという場合には代替で使用できる段ボールに封入し、中で液晶テレビが動かないようにタオルなどの緩衝材を詰めて固定します。

 

 

最後に、段ボールそのものに対して家具専門の緩衝シートを使ってカバーすれば運搬の準備は完了です。

 

特に大型の液晶テレビの場合には、引越し評者はこのような三重の梱包を施す場合が多く、輸送中に事故が起こる可能性はほとんどありません

 

 

 

液晶テレビの引越しは業者への依頼がベスト

厳重な梱包を行ったとしても、精密機器を人間が運搬する以上は少なからず破損のリスクがあります。

 

万が一そういった状況に置かれたとしても、引越し業者は家電や家財の保険に加入しているため、補償に応じてもらえます。

 

 

自分自身で液晶テレビの引越しを行うとなれば、運搬中に故障が発生する可能性があることはもちろん、梱包中に液晶テレビを破損させてしまう恐れもありますし、当然補償も適用されず自己責任で修理や買い替えをしなければなりません。

 

家電を単品で運搬するサービスも提供されていますから、引越しは自力で行うという方でも、液晶テレビなどの精密機器だけは専門業者に運搬を依頼することがおすすめです。