引越し用のダンボールが無料の業者は?サイズや枚数はどれだけ必要?

段ボールが無料配布の業者や必要になる枚数やサイズは?

新品を購入すれば1枚200円〜300円もする段ボールをわざわざ買うのは、もったいないです!

 

ダンボールは無料配布してくれる業者も多いので、節約のためにぜひ活用しましょう!

 

大手業者のダンボール配布サービス
業者名 無料枚数&備考
アリさんマークの引越し社 最大50枚無料
サカイ引越センター 最大50枚無料
アーク引越センター 最大50枚無料
アート引越センター 最大50枚無料※お問い合わせ必須ですが、営業所によっては必要枚数がもらえます。
ハート引越しセンター 最大50枚無料
佐川引越し(SGムービング) ダンボール情報なし。お問い合わせ必須
クロネコヤマト 別売り。資材セット3200円
日本通運 別売り。資材セット2800円

営業所により異なる場合あり。見積もり時に確認お願いします。

 

ダンボール以外にも、プチプチなど資材費も無料でもらえる業者を探すなら?

 

早速、無料でもらえる業者の料金を比較してみる⇒⇒
(引越し料金最大50%OFFの引越し侍は、上記のようなダンボールが無料配布の業者が多く参加中です!)

 

 

 

必要になる段ボール枚数やサイズは?

 

少なく済むと思いつつも、以外に使うのが引越し時のダンボールです。

 

必要になる枚数の目安は、

  • 単身で10枚〜25枚
  • 2人で25枚〜30枚
  • 3人で40枚〜60枚
  • 4人以上で70枚〜80枚

 

荷物量が多いと、あっという間に足りなくなるので、その場合は引越し業者に追加で持ってきてもらいましょう。

 

引越し用のサイズは?どんな荷物を入れるの?

 

どんな段ボールのサイズにどんな荷物を入れるのかも事前にチェックして下さい!

 

ダンボールサイズ(縦奥行き高さの3辺合計) 詰める荷物
100cm程度 書籍類、DVDなど
100cm〜140cm程度 食器など主に台所にある荷物、また雑貨など
140cm〜160cm程度 衣類、靴、バッグ類、詰めれる小型の電化製品

 

緩衝材はプチプチを無理に購入しなくても、古新聞で代用出来ます。
(お近くの新聞販売店や新聞社にお問い合わせして下さい。)

 

引越し業者以外で無料で集めるには?

 

  • ダンボールが無料配布の業者ではなかったり、
  • 追加分には料金が発生する場合は、

大変ですが、活用してダンボールを集める方がいいです。

 

無料でもらえる場所は、

 

  • スーパー
  • ドラッグストア
  • ダイソー
  • 家電量販店

また、中古のダンボールを貰う場合には、

 

詰めていた中身次第でダンボールに汚れが付着していたり、
臭いが付いていたりする場合があるため用心しなければなりません。

 

 

特にスーパーの場合では、
野菜が梱包されていたダンボールは湿っている可能性が高い。
(底抜けがしやすくなる)

 

虫が付いていることもありますから、可能な限り避けるようにして下さい。
(中を軽く拭き、殺虫剤を念のため振りかけて下さい。)

 

もし、スーパーでもらう場合のおすすめは、

  • ティッシュなどの生活雑貨
  • お菓子など大きめの箱
  • 飲料水など重い荷物を詰めて箱

 

を優先的に見ていきましょう。

 

ホームセンターまで足を運べば状態の良いダンボールを見つけられる確率が上がりますし、

 

家電量販店の精密機器が梱包されていたダンボールを選べば、強度の高いダンボールとしてより活用しやすくなるでしょう。

 

(家電店は、朝一で回収してしまう場合があるため、営業開始前にスタッフにお尋ねください。)

引っ越し荷物のダンボールの詰め方ってどうやるの?注意点は?

 

まず、荷造り前に、正しいダンボールの組み立て方を参考にして下さい。

 

ダンボールの底抜けを防ぐためには、

 

裏側の継ぎ目に対して一直線にガムテープを貼り、その上を交差させて米印を書くように補強すると、重い荷物を詰めても底抜けが起こる確率は格段に低くなります。

 

ダンボールの組み立て方

 

さらに強度を高めるには、内側の底部分の継ぎ目にもガムテープを貼ってしっかりと固定させるとより万全です!

 

適当に組み立てると運搬時に底抜けをし、荷物を破損する危険性が御座います。上辺も同じく1本貼りで必ず閉じるようにして下さい。

 

荷造り方法は?

それぞれの荷物に合った入れ方やルールを守っておかないと、段ボールの底が抜けてしまったり、ものが壊れてしまったりと、引越しの移動中に思わぬトラブルが起こってしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まず一番の基本としては、
本のような重いものは小さいサイズのダンボールに、
衣料や布団などの軽いものは大きいサイズのダンボールに入れる
ということを守りましょう。

 

 

もし、1つのダンボールに様々なものを詰める場合は、
重いものから入れていき、上には軽いものを入れるようにします。

 

 

 

詰め終わったダンボールも、重いものを下に置き、上には軽いものを積んでいくとよいでしょう。

 

 

注意が必要な割れ物類

特に詰め方に注意が必要なのが、食器や瓶などの割れ物です。

 

これらのものはまず、プチプチ梱包材や新聞紙、生地などでひとつひとつをくるんでからダンボールに入れます。

 

その際、食器と食器の間に隙間が空いていると、移動中に中身が動いてしまい割れやすくなってしまいます。

 

 

できるだけ隙間ができないように詰めるようにし、もしも隙間ができてしまったら間に梱包材を詰めるなどしてできるだけ埋めるようにしましょう。

 

衣類などの荷造りは?

 

現在衣装ケースの中に洋服を詰めているという場合には、荷造りをしなくても、そのままの状態で引越し業者に運搬してもらえる可能性がありますから、事前に業者に確認を取りましょう。

 

 

ダンボールに詰めるのであれば、数着分をまとめて圧縮袋に詰めることでスペースを増やし、1個のダンボールに多くの洋服を詰められるようになります。

 

 

タンスや衣装ケースに収納しているのと同じように、折り畳んでから圧縮袋に移し、梱包するというのが基本です。

 

 

ただしフェイクレザーを含む革製品は、圧縮によってシワが生じてしまい、元の状態に戻せなくなるリスクがあるため、圧縮袋への梱包を避けることをおすすめします。

 

 

また、ジーンズなど色落ちする可能性がある衣類は必ず単独で梱包し、色移りを避けるように心がけてください。

 

 

スーツやジャケットは折り畳まずにハンガーに吊るした状態で引越しをすることが好ましいため、ハンガーボックスを使った引越しがおすすめです。

 

こちらは引越し業者から無料でレンタルできますが、業者を利用しない場合には、ネット通販から3,000円前後で簡易式のハンガーボックスを購入できます。

 

着物の梱包にも専用のケースの利用が最適です。

 

 

荷物を詰めた後にやることは?

 

荷物を詰めて閉じてしまうと、どのダンボールに何が入っているのか分からなくなってしまいます。

 

1つのダンボールに荷物を詰め終わるごとに、

 

ダンボールの表面にマジックで中に入っているもの
引越し先でどの部屋に運んでほしいのかという部屋名を書き込んでいく

 

と、引越し先でスムーズに片付けていくことができます。