赤帽の引越しってどうなの?みんなの口コミやおすすめポイントをチェック!

赤帽の引越しってどうなの?みんなの口コミやおすすめポイントをチェック!

単身者のように荷物が少量の引越しで、また移動距離が短い場合は、赤帽を利用するという選択肢も検討すべきです。

 

赤帽は料金の安さに定評がありますが、実際に赤帽で引越された方の口コミ、また、どういった引越しに向き、またどのような引越しには向いていないのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

 

目次

赤帽で引っ越しされた方の口コミ

実際に、赤帽を利用して引越しをされた方の口コミになります。赤帽は、主に単身者で近距離の引越しの方が利用されています。

 

とってもリーズナブルに引っ越せたので、赤帽を選んで良かったです。

満足度:評価最大5で評価5です。

結婚時、実家から新居のマンションまで、とても近距離での引越だったのでだいたいの荷物は自分の車で運びました。

しばらくそれで生活していたのですが、半年ほど経った頃、やはりあれが足りないこれが足りないとなり、また、タンスも運びたかったのでちゃんと業者に頼むことにしました。

量もそれほど多くなく、とりあえず安く済ませたかったので赤帽さんに頼みました。依頼した翌日に来てくださってとても助かりました。

50代くらいのおじちゃんだったのですが、腰の低いとても感じの良い方でした。

お一人で来られたので、タンスを運ぶときなどは私も少し手伝いました。

やっぱりこれも載せてください、などと途中でドンドン荷物を増やしてしまったのですが、嫌な顔ひとつせずハイハイ〜と言って運んでくださいました。

また、追加料金もかかりませんでした。

とてもリーズナブルにコンパクトに引越ができて、赤帽さんにお願いして本当に良かったです。


  • かかった費用:8000円
  • 引越し人数:単身
  • 引越し場所:京都府京都市上京区内
引越しで不安な点も、赤帽のスタッフさんは親身になって相談に乗ってくれました。

満足度:最大5で口コミ評価4です。

引っ越しが決まった時にまず最初に「赤帽」を思いつきました。
ファミリーなら大手引越会社にお願いするけど、当時は単身で隣の市に引越しという条件だったので、コンパクトに安く探したかったのです。

しかし赤帽をどのように探していいか分からなかったので、川越街道をはしっている赤帽の自動車が赤信号で止まっている間に急いで車体に書いてある連絡先をメモして、連絡しました。

引越作業について相談した時には親身になって応じてくださり、一人暮らしで心細かった気持ちが和らいだ記憶があります。具体的には、洗濯機のホースやアースをどうしたら良いのか分からない。

と相談したら運び込んだ先で具体的に教えてくださり、価格を抑えたいと相談したら、一往復で済むように布類を圧縮する効率の良い方法を教えてくださったりと頼りになった事を10年以上経った今でも覚えています。

1つ気になった点は、3軒目だったせいか予定時刻がはっきりせず「16時?18時の間に伺います」と幅が広かった事です。


  • かかった費用:12,800円
  • 引越し人数:単身
  • 引越し元:埼玉県和光市
  • 引越し先:埼玉県朝霞市
夫婦2人分の荷物も格安で引越せました。

満足度:最大5で口コミ評価5です。

夫婦2人の引越しで利用しました。 引越し先は、車で15分ほどの場所でした。

そのため大きな荷物以外はほとんど自分達の車で運び、冷蔵庫、ソファ一つ、ダイニングテーブル、洗濯機の大きな家具、家電のみお願いしました。

電話で予約しました。
場所と、運ぶものを伝えました。

当日は1名の方が来ていただき、主人と2人での作業でした。

とても慣れた手つきで、安心してお任せできました。
だいたい30分ほどで全て積み込めたと思います。

また、部屋にまだ置いてあった自分達で運ぶ予定だった荷物も、「ついでだから持って行きましょう」と言ってくださり、
運んでいただけたことは本当にありがたかったです。

積み込みを終えて、私たちは自分達の車で赤帽の方を誘導しながら引越し先へ向かいました。
部屋への荷物運びも30分ほどで終わったと思います。

全て終わった後にその場で精算。

最初から最後まで丁寧に対応していただけました。

次回も近場での引越しであれば利用したいなと考えています。

  • かかった費用:10,000円
  • 引越し人数:2人
  • 引越し元:東京都立川市
  • 引越し先:東京都小平市
赤帽だと作業が荒いと思っていましたが、作業品質の高さに驚きました。

満足度:最大5で口コミ評価4です。

赤帽のおじさんと2人の引越し作業でした。
忙しいらしく次のお客さんがいるのからなのか、荷物運びを一生懸命して下さったのはありがたかったです。

1人分の荷物なので少なかったですが、トラックに積み込み私はそのトラックの助手席に乗って2人でドライブするかのように新居に向かいました。
気さくな方だったので会話も楽しめました。

とにかく仕事は素早く、そこそこ丁寧でした。

失礼ながら赤帽の引越しに品質を求めていなかったので、荒い引越し作業なのかなと予想し、傷や衝撃で困るような物は別に管理してました。
ですので工事品質の高さには驚きました。

きっと数をこなしているから慣れていたのだと思います。

梱包作業は何日か前にダンボールを送って頂き私が詰め込みました。

どれだけ必要かわからなかったのですが丁寧に対応してもらったのを覚えています。

また費用的にも安いと感じました。

何より見積もりの対応が早かったので気持ちが良かったです。

1人の引越しで単価も安かったので相見積もりもせずに赤帽さんにお世話になりました。

  • かかった費用:30,000円+高速代
  • 引越し人数:単身
  • 引越し元:滋賀県大津市
  • 引越し先:大阪府高槻市
思いのほか安かったので、また近場の引越しならお願いしたい。

満足度:最大5で口コミ評価5です。

4年ほど前に東京都板橋区内のマンションから東京都練馬区内にあるマンションへ引っ越す際に赤帽を利用しました。

赤帽を利用しようと思ったきっかけは、以前大学時代に一般の大手の引越し業者を利用した際、単身の転居にもかかわらず総額料金が6万円になってしまったため、今回はできるだけ安く引越ししたいと思い、板橋区内もしくは練馬区内で赤帽の運送業を営んでいる引越し業者をネットで探しました。


赤帽に依頼するときには電話であらかじめどれくらいの費用が単身者の場合かかるのかをたずねたところ、「その量であれば3万円以内で収めることができると思います」と答えてくれたので、下見に一度来てもらいました。


下見では赤帽の支店を自己経営しているという50代後半くらいの中年男性が1人で私の自宅マンションを訪れ、部屋の中の荷物を見て「3万円で大丈夫です」とのことだったので正式に依頼しました。


引越し当日は荷物も少なかったので赤帽の軽トラックにすべての荷物を積み込んでもまだスペースが余る程度で、自宅から転居先の練馬区内のマンションも車で5分と至近距離だったので引越し作業は全部で2時間もかからずに終わりました。


思いのほか安かったので、また近場で引越しをするときには赤帽に依頼したいと考えています。

  • かかった費用:30,000円
  • 引越し人数:単身
  • 引越し元:東京都板橋区
  • 引越し先:東京都練馬区

 

ちなみに、赤帽の引越し料金は作業時間が2時間以内、かつ20km以内なら13500円が基本料金となっています。

料金と一緒にサービス内容も比較するなら、無料の一括見積もりをお役立て下さい。

 

【赤帽】も参加中の一括見積もりで料金比較⇒⇒
最大50%OFFのライフル比較なら、大手のクロネコや赤帽も見積もり比較が可能です。)

赤帽のサービス内容や、引越しするメリットって何?

赤帽がおすすめの点は?

口コミでもあるように、赤帽の特徴は何と言ってもコスパの良さであり、短距離の引越しであれば10,000円前後という格安な費用で引越しできる可能性があります。

 

サービス内容として、車両は基本軽トラを使い、なおかつ作業員はドライバーを兼ねた一名だけなので費用を削減できます。

 

また、赤帽は一般の会社組織とは異なり、個人事業主の集団という形式を取る組織ですから、作業の裁量は各個人事業主に託されています。

 

 

そのため融通を利かせてくれる点も特徴で、

 

  • 一般の引越し業者では対応ができない夜間といった時間帯での引越し作業、
  • 立地条件により道路幅が狭い建物前での荷物の積み込み・運搬
  • 家具や家電1点のみの格安配送も可能

 

こちらも人によっては魅力的と言えるでしょう。

 

大型家具もらくらく運べる

 

また、単身パック等を利用すると荷物の高さなどサイズが制限され、背の高い家具の運搬ができない場合があります。

 

しかし、赤帽なら荷台に乗る限りの荷物の運搬を任せられるため、引越しの自由度がさらに高まることもメリットになります。

 

 

 

反対に赤帽引越しのデメリットは?

赤帽がおすすめでは無いポイントは?

 

近距離で荷物が少量なら、赤帽だと安く引っ越せる事が分かりました。ご依頼前に注意点としてのデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

 

大型家具や重い家電だとお手伝いが必要です。

家具運搬にはお手伝いが必要。

 

赤帽では、家財の積み込みと搬入、そして運転を基本的にすべて一人の作業員で行います。

 

したがって、作業員一人で積み込みや搬出入ができない重い家具・家電を移動する場合には、依頼主が協力して引越し作業を手伝わなければなりません。

 

 

そのため、作業をすべてスタッフに任せたいという方や、非力な女性には赤帽の引越しが向いていません。

 

引越し作業に対しての不安感がある場合も。

養生や大型荷物の梱包に不安点がある。

 

作業員が引越しに関するノウハウを持っていない可能性があることもデメリットです。

 

各作業員によって経験やスキルにはバラつきがあり、中には引越し作業の経験がほとんど無いという作業員も赤帽には存在しています。

 

 

そのため養生などの管理が甘く、家財や住宅に傷を付けてしまい、後々のトラブルを招いてしまう恐れがあることも知っておきましょう。

 

 

基本的に梱包資材は自分で準備する必要があります。

ダンボールなどの資材は自前で用意する必要がある。

 

段ボールやガムテープといった引越しに必要不可欠な資材は、引越し業者に依頼すれば無料で提供してもらえることは今や常識です。

 

ところが赤帽は専門業者ではありませんから、そういった資材はすべて自分自身で調達しなければなりません。

 

 

もちろん、食器類を安全に運ぶための専門的な梱包資材や、スーツや着物にシワが寄らないように運べるハンガーの用意もありません。

 

 

こういった資材を自分で購入して集めるとなると、数量によっては高額な費用がかかってしまう可能性もありますから、結果として引越し専門業者に依頼したほうが安かった、という問題が発生しないとも言い切れません。

 

結局、赤帽で引越すべき?おすすめの対象者は?

 

最後に赤帽の補償についても確認しておきましょう。

 

 

赤帽は引越し専門業者ではなく軽貨物運送業者という立場であるため、引越し業者が加盟を義務付けられている標準引越運送約款に縛られていません。

 

 

その代わりに赤帽は標準貨物軽自動車運送約款、ならびに貨物保険に加盟していますから、運搬した家財が赤帽の過失によって破損した場合には補償を受けることができます。(最大300万円まで)

 

ただし、補償はあくまでも家財だけに適用され、人間には適用されません。

 

 

万が一、赤帽の軽トラに同乗して移動している際に事故が発生し、怪我をしたり死亡したりした場合、

 

金銭的な補償を受けられない可能性がありますから、心配な場合には補償内容について赤帽の担当者に対し事前に問い合わせておきましょう。

 

赤帽が向く人、向かない人

 

短距離の引越しで家財も少なく、リーズナブルに引越しを済ませたいという方は赤帽の引越しを検討すべきでしょう。

 

その一方で、梱包や運搬、そして養生といった管理をすべて業者に任せて安心して引越しを進めたいと考える方は、引越し専門業者の利用が向いています。

 

また、遠距離の引越しの場合には、高速代やフェリー代を含めた帰り賃も併せて利用者が負担しなければならず、一般の引越し業者以上の料金がかかってしまいますから、移動距離が長い方は赤帽の引越しに向いていません。

 

赤帽以外でも、少ない荷物ならお得なプランや独自サービスの提供がありますので、色々な業者を比較してみて下さい!

 

少量の引越しが安い業者を探すにはトップページから⇒⇒
少ない荷物が安い業者から、安くするための方法が満載!)