引越し安くなる時期

引越し料金が安く時期は5月から11月までの範囲

新しい場所で新しい生活を始めるには何かとお金がかかります。できることなら引っ越しそのものにはできることならあまりお金をかけずに済ませたいと考えるのも当然のことです。

 

同じ荷物を同じ場所に運ぶのだとしても、実際に引っ越しにかかる費用というのは一年の内でその時期によっても異なります。

 

進学や通勤などで一年の内で最も人の移動が多い時期には、それだけ引っ越し業者を利用したい人が増えるので、平日や土日祝日などに関係なく価格が高くなってしまいます。

 

 

引っ越し業者に対する需要が高ければ高いほど引っ越しの料金も高くなるという仕組みです。
引っ越しをするのであればできることなら3月中旬から4月上旬、12月の年末辺りは引っ越し費用の面から考えれば最も避けたい時期になります。

 

 

年末の時期を過ぎて一時的に料金が下がったとしても、今度は年度末から4月の上旬に向けて少しずつ料金は上がってきてしまうので、もしも安い時期に引っ越しをしたいと考えるのであれば2月から3月も避けたほうが無難です。

 

5月から11月辺りは比較的料金が安くなりますし、1月も比較的お勧めです。

 

 

また、梅雨時期や大輔の多い時期も料金は安くなりますが、場合によっては引越し自体も難しくなってしまうというリスクもあるので注意が必要です。

 

 

また、時間帯によっても料金が変わってきます。できれば一日の早い時間に終わらせてその後の時間をゆっくりと過ごしたいと考えるため、人気があるのはやはり朝から昼過ぎまでの早い時間帯の便なので、夕方から夜にかけては料金が安くなると考えてよいです。

 

もちろんこれはあくまでも基本的な考え方なので、場合によっては夜のほうが混雑していて料金が高くなるということも考えられます。