引越し前に家具や家電のサイズ確認をする

運搬前には注意すべき大型家具や家電

少量の引越しでも運搬前に注意したい荷物があります。

 

それには、サイズの大きい家電や家具が該当します。

 

 

配送した家具や家電が、引越し先の部屋に入らないという事態になることは、実際には起こりがちなトラブルなのです。

 

 

こうしたトラブルを未然に防ぐためには、引越し先が決まったら、一度ゆっくりと部屋や周囲の環境、エントランスやエレベーター、階段等の状態やサイズを調べておくことが大切です。

 

 

不動産屋の図面があるかもしれませんが、実際に目でみて確認しないことには、正確な状況がわかりません。

 

 

 

また、家具や家電を後から移動するのも大変ですので、どの場所に何を置くのかを決めておいて、引越し当日に慌てずに作業員に伝えられるようにしておくと、自分も余裕をもって対応することができます。

 

 

 

同じように、運ぶ家具や家電のサイズも正確に測り、廊下や玄関を通ることができるのか、把握することも必要です。

 

 

 

 

玄関、廊下、部屋のドア、これらのサイズよりも大きなものは、どうやっても入れようがありません。

 

当日になって気付いて、慌てても解決しませんので、一度落ち着いて考えてみましょう。

 

 

 

まず基本は引越し業者に相談して、何とか入れられないかを考えてもらうことです。

 

 

家具なら分解して入れられないか、ロープで吊り上げるか、クレーンを使って窓から搬入できないかなどの対応策を相談してみましょう。

 

 

窓から入れる方法があれば、料金についても検討します。

 

 

 

当然、吊り上げやクレーンの使用は追加料金が高くつきますが、それでもどうしてもその荷物を入れたいか、それとも諦めるのかを決めなければなりません。

 

 

 

 

また、窓から入れることも不可能な場合は、廃棄しかありませんが、その場合には引越し業者に処分してもらえるか、金額はいくらかということも交渉しなければなりません。

 

 

無理な場合は、引越し先の市役所などに相談するか、引取業者に依頼することになります。

 

 

マンションやアパートなどの集合住宅では、いつまでもそのまま置いておくわけにもいきませんので、早急に答えを出して、処分の手配をするしかありません。

 

 

 

当日にトラブルに慌てないよう、事前の準備はしっかりしておきましょう。