引越し料金の決まり方

主に3つの条件で決まるのが、引越し料金です。

引越し料金は主に3つの条件から決定されます。

 

荷物の量、作業員の数、移動距離です。

 

 

荷物の量は主にトラックの大きさを決定します。

 

2tロングトラック、4tトラックなどによって経費が異なります。

 

 

荷物の量が多い場合は、使用トラックで往復輸送するなどの条件も付与されますので、追加の対応を行う分料金も加算されます。

 

 

 

荷物の量にも影響されますが、当日の人件費によって引越し料金は左右されます。

 

3名なのか、4名なのかは荷物の量と新旧住居の住宅状況によっても異なります。

 

 

また、大きな家具がどのくらいあるかによっても左右されます。

 

 

たとえば、入口が狭く大きな荷物を吊りながら搬入しなければならない場合、通常より多く人員を配置する場合があります。

 

 

エレベーターのない団地での引越し対応は階段運搬となりますので時間がかかり、ピストン輸送などが追加になる場合があります。

 

 

 

移動距離はそのまま運賃量で計算されますので距離が長ければ長い程料金は当然高くなります。

 

 

移動コストだけでなく、移動距離によっては、当日で作業が終わらない場合があります。

 

 

新たに荷降ろしの日に人員を確保しなければならない分や、コストが高くなるなど、距離は料金に大きく影響します。

 

 

 

また、土日や引越し繁忙期には料金は比較的高くなりがちです。

 

土日の人件費は平日より高めに設定されていたり、繁忙期には人員の確保が難しいからです。

 

 

逆に早めに予約することで、料金が安くなる時期を選ぶことができる場合があります。