ペット(動物)の引越しで必要な手続きは?

登録が必要になるのは犬や指定動物に指定されているペットのみ

ペットの引越しでは、現在届け出を行っているペットかどうかによって手続きが異なります。

 

現在役所に届けているペットで代表的なのはです。

 

 

役所には飼い主の住所、氏名などを届けているので、そのうち住所が変わるわけですから、登録変更手続きが必要になります。

 

 

 

ちなみに、猫や小鳥などの小動物はほとんどの場合許可、届け出を行っていません。

 

その場合は役所での手続きなどは不要になります。

 

 

 

 

犬の登録変更にかかる手続きで必要な書類は狂犬病予防注射済証、印鑑、旧住所地で交付された飼い犬鑑札です。

 

 

 

鑑札をなくしてしまった場合は、別途再交付をしてもらわけなければなりません。

 

 

届け出は引越し当日までではなく、引越しした日から30日以内までは変更できます。

 

 

国から指定動物に指定されているペットも、登録時に住所を登録しています。

 

 

 

 

 

引越しに伴って住所が変わるのであれば、改めて変更登録を行うことになります。

 

その場合、都道府県の管轄となり、県保健所などで手続きを行います。

 

 

 

 

 

ペットの移動方法も、自分の車などで運べる場合は問題ありませんが、熱帯魚ならケースごと運べるような状態ではない場合や、その他大型動物でとても自分では運搬できない場合は、ペット移動の専門会社に依頼しましょう。

 

 

 

運搬費用はかかりますが、運搬会社が持っている専用機材などを借りることができますので、引越し前に事前に相談、契約しておくとよいでしょう。

 

運送会社は全国対応している場合が多いです。

 

また、引っ越し業者でもペットの運搬が可能の場合がありますが、保証が効かないので注意が必要です。