引越し業者の保険

もしもに備えて保険についての確認

 

引越し作業でトラブルはつきものです。
もしもの場合に備えて引越し業者は保険に加入しています。

 

 

運んでいる荷物が故障した場合に、依頼主に対してその額を弁償するための保険で上限1000万円までの家財や家屋の破損に対する保証です。
(引越荷物運送保険)

 

 

依頼主が安心できるようにこのような保険に加入していますが、
実際には故障があった場合に業者側も保険を使わず自社での弁償となるでしょう。

 

 

知恵袋などを拝見すると分かるのですが、
『荷物の紛失や故障があったのに、弁償してくれません!』
といったお悩み相談です。

 

 

保険は使ってしまえば毎月の支払いが上がる仕組みのため、大手ともなれば保険を使うより自社で支払った方が安くなってしまいます。

 

しかし、お支払いしてくれるのはあくまでも対応が良い会社の場合のみです。

 

 

紛失や故障に備え、こちらでもできるだけの事を行いましょう。

 

・段ボールは箱にマジックで1から順に連番を打ち、スタッフと確認し作業後には抜けている番号が無いかチェックすることや、割れやすい荷物の場合は段ボールのふたを閉じずに当日に梱包内容スタッフに確認してもらう事。(※食器類は割れやすいので注意)

 

・液晶テレビやパソコンは衝撃に弱いため、作業前に動作するかスタッフと確認することエアコンも引越し後すぐにでも冷えるかの動作チェックを忘れずに行う事
(保証は3ヶ月以内という有効期限がある)

 

全ての業者が保険に加入している、また支払ってくれるとは限りませんので、少量の引越しといえど複数見積もりを取りしっかりと保証内容を口頭で確認してください。