引越しでの液晶テレビの運搬方法

液晶テレビの輸送方法を厳しくチェック

引越しの際には自宅の中にあるさまざまな荷物を梱包して輸送しなくてはなりませんが、
精密機器などは衝撃を与えてしまうと破損してしまう恐れがあるために、慎重に輸送をしなくてはならないでしょう。

 

 

 

それでは精密機器の中でも、特に衝撃に弱い液晶テレビの輸送方法はどのようになっているのでしょうか。
これは基本的に、通常の家具と同様に梱包材を用いて保護をした上で輸送をするということになります。

 

 

運送中に最も衝撃をくわえてはならない部分というのが液晶画面ということになりますが、こうしたものを梱包するというような場合には、まずエアーキャップと呼ばれる緩衝材が使用されます。

 

 

エアーキャップとは薄手のビニールの中に空気を封入したものであり、通常の宅配便などで使用されているほか、ホームセンターなどでも販売されています。

 

 

 

小型のテレビなどであればエアーキャップだけの梱包でも問題が無いことが多いのですが、大型のものになると、重量が大きくなるためにエアーキャップだけでは梱包が不足することが多々あります。

 

そうした場合にはエアーキャップで梱包された上からダンボールで包み、さらに家具専用の緩衝シートでカバーがされます。

 

 

 

大型のテレビになるとこのような三重の梱包で運ばれることがほとんどであり、かつ二人以上の作業員での輸送が行われます。

 

こうした厳重な梱包によって輸送されるため、輸送中の事故というものはほとんど発生しないようにされているのです。

 

 

また万が一破損が発生したというような場合であっても、引越しの専門業者は家電や家財などの保険に加入をしているため、破損した商品の金額が補償されるようになっています。

 

 

個人で輸送しようとするとさまざまなリスクが発生することとなりますので、なるべくであれば精密機器の輸送は専門業者に依頼すると良いでしょう。