引っ越し荷物の段ボールの荷造り方法

段ボールの荷造り方法やコツ

 

たとえ少量の引越しでも、段ボールで荷造りを行う荷物がある方がほとんどだと思います。

 

 

しかし、どのような荷物でも、ただただ詰め込めばいいというものではありません。

 

 

 

それぞれのものに合った入れ方やルールを守っておかないと、段ボールの底が抜けてしまったり、ものが壊れてしまったりと、引越しの移動中に思わぬトラブルが起こってしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まずいちばんの基本としては、本のような重いものは小さいサイズのダンボールに入れ、衣料や布団などの軽いものは大きいサイズのダンボールに入れるということを守りましょう。

 

 

重いものを大きいサイズのダンボールに入れてしまうと、重くなりすぎてしまうのでできるだけ小さめのダンボールに入れるようにします。

 

 

 

1つのダンボールに様々なものを詰める場合、重いものから入れていき、上には軽いものを入れるようにします。

 

 

詰め終わったダンボールも、重いものを下に置き、上には軽いものを積んでいくとよいでしょう。

 

 

 

特に詰め方に注意が必要なのが、食器や瓶などの割れ物です。

 

 

これらのものはまず、プチプチ梱包材や新聞紙、生地などでひとつひとつをくるんでからダンボールに入れます。

 

 

その際、食器と食器の間に隙間が空いていると、移動中に中身が動いてしまい割れやすくなってしまいます。

 

 

できるだけ隙間ができないように詰めるようにし、もしも隙間ができてしまったら間に梱包材を詰めるなどしてできるだけ埋めるようにしましょう。

 

 

 

ものを詰めてふたをしてしまうと、どのダンボールに何が入っているのか分からなくなってしまいます。

 

 

1つのダンボールにものを詰め終わるごとに、ダンボールの表面にマジックで中に入っているもの、引越し先でどの部屋に運んでほしいのかという部屋名を書き込んでいくと、引越し先でスムーズに片付けていくことができます。