コンテナ輸送

コンテナ便は長距離の引越しの場合には節約になる

 

遠距離に引越す場合、通常の引越しだと費用が掛かってしまいます。

 

近くであれば荷物を自分で運ぶこともできるのですが、遠距離だとそうもいきません。
しかし、費用は掛かってしまうので何とかできないかと考えている人に、良い方法があります。それは、コンテナを利用したサービスを選ぶことです。

 

最近ではあまり一般的ではないのですが、今の様にトラックが普及していないころは、一つの手段として認知されていました。

 

現代は時間優先で、トラックの方が積み込んでドアツードアで荷物が運ばれるので、トラックの方が非常に便利なのですが、価格はコンテナの方が安いのです。

 

また、安全性も高く、時間も列車のダイヤルで運ばれる為、基本的に正確です。

 

列車で運ぶのが基本になるのでトラックの様に積み込んですぐに出発、というわけにはいかず、いろいろな経路を経ることになり時間もかかるのですが、その特性上一度締めたら目的地まで開けることはないので、セキュリティー的に安全です。

 

 

 

ただし、日数がかかる上に、万が一列車が悪天候で動かないなどの場合には一日単位で遅れることが有るので、時間に余裕を持てる人か、もしくはすぐに必要なものは自分で運ぶ、という覚悟が無いと、万が一の時には大変なことになるので注意が必要です。

 

トラックでの荷物の移動や、宅配便などに慣れてしまっている現代人にとっては、違和感があるかもしれません。

 

しかし、トラックと異なり、遠距離になればなるほど費用が割安になる上に、荷物の安全性も高いので、家具や家電のみといった少量の荷物の輸送方法にもコンテナ便が適していると考えます。
運送業者も長距離の場合にはコンテナ輸送を利用する事もあります。

 

さらに、たくさんの荷物が一度に移動できるので、この点も良いところです。トラックの場合には荷物が多いとトラックをその分の台数を出してもらわなければならず、その分費用も掛かってしまうというケースが非常に多いです。