引越し後の自転車の防犯登録

同一県内と県外では防犯登録方法が違います。

通常、自転車を購入した時に自転車屋さんで防犯登録を行っていることが多いと思います。

 

引越しした時に自転車も持っていった場合、防犯登録の住所変更が必要になります。

 

 

 

そもそも自転車の防犯登録は、自転車の盗難防止が目的です。

 

自転車を購入した時に登録が義務付けられており、登録情報に変更があった場合や、自転車を他人に譲渡した場合、自転車を廃車にした場合などに手続きが必要です。

 

 

また、防犯登録には有効期限があり、登録した日の翌年から10年間で登録が抹消されるようになっているので10年以上乗っている場合は新たに登録しなおす必要があります。

 

 

防犯登録は各都道府県で協会や連合会などが管理しています。

 

 

自転車販売店などの自転車防犯登録所で登録された情報は、警察のコンピューターに保存されます。

 

 

・同一の都道府県内の引越しであれば、自転車屋さんや警察署などで住所変更することになりますが、

 

・違う都道府県に引越す場合引越し前に一度登録を抹消し、新住所で新規登録をすることになります。

 

 

 

住所変更する場所は各都道府県で対応が違うので、どこで変更を受け付けているのか確認すると良いでしょう。

 

・例えば警察署でしか変更を受け付けていないところもあれば、警察では受け付けていないという地域もあります。

 

・新たに新規登録をする場合も同様で、自分のところで販売した自転車しか登録しないという自転車販売店もあります。

 

 

まずはどこに行けばいいのか、最寄りの警察に問い合わせましょう。

 

 

引越しによって住所変更する場合、新規登録をする場合は自転車を持って行く必要があります。
また、身分証明書も必要になるので用意しておきましょう。

 

 

引越しの荷物というと家具などの家の中にあるものばかり考えがちですが、自転車を持っている人も多くいると思います。

 

 

大きな荷物となりますから、忘れずに考えたいものです。
自転車の防犯手続きも重要ですからきちんと行いましょう。