自転車を運ぶ場合の方法や注意点

自転車の運搬時に固定する箇所としない場所について

引越しで自転車を運ぶ場合は、運搬中に動いてしまう可動部を固定する必要があります。

 

 

自転車自体を固定しなければ、運搬中に荷物が動いてしまうなど、安全に運ぶことができないからです。
ハンドルやペダル、スタンドを固定するか、もしくは振動で動かないように積み込みします。

 

 

まず、自転車の可動部の固定では、間違った固定をすると、余計に運び辛くなるため、固定の方向には注意が必要です。

 

 

ハンドルは左右どちらかに固定するとタイヤが邪魔になり、他の荷物と一緒に運び辛くなります。

 

多少動いても仕方がないので、あえて固定しないか、他の荷物の位置関係をみて左右どちらかに固定します。

 

 

 

次にペダルは、必ず固定したい自転車の可動部分です。

 

ただし、自転車を乗せるときに固定してしまうと、タイヤを滑らせておくまで移動することができないため、できれば積み込み後にロープなどで固定します。

 

 

 

そして、タイヤも同様です。

 

タイヤが自由に動いてしまう状況では自転車自体がずれてしまったり、荷崩れを起こしたりと危険な状態を招きやすいです。

 

積載後はタイヤもロープなどで固定します。

 

 

 

最後に、自転車のスタンドについても注意が必要です。

 

スタンドは、積載時は基本使いません。

 

スタンドは立てて固定することで動かなくすることができますが、立ててしまうと邪魔になります。
また、タイヤが自由に動いてしまうので危険です。

 

 

スタンドは立てないで積載し、そのまま固定しなくても安定していますので、特段な対策を行う必要はありません。

 

 

 

もし、トラックに他の荷物も積む場合は、ロープで縛るのは一番最後にします。

 

 

乗用車で運ぶ場合は、後部座席を倒して段ボールをあて養生する、またトランクに積む場合は、蓋が開かないようにしっかりとロープで固定して下さい。(全く後ろが見えない状態の場合では、道交法違反になる場合があります。)

 

 

あくまでも自力の方向けに書いていますが、少量の引越しであれば安いところも見つかるので、料金を比較して予算が合えば専門業者にお任せする方法をお勧めします。

 

あわせて、自転車の引越し後には防犯登録についても見ておきましょう。