引越し少量

少ない荷物だからこそ格安に引越し

少量の引越しならどこが安いのかって気になりますよね。

 

 

少ない荷物であればもちろん安くはなりますが、
実際のところ、業者によっては料金がマチマチなのが現状です。

 

(同じ荷物なのに、倍近く変わる事もあるんですよ!)

 

なので、その中で
もっとも安い業者を見つけるために使うべきサービスが無料の引越し一括見積もりなんです。

 

 

(引越し価格ガイドの一括見積もりなら料金相場まで分かります。)

 

 

また、比較する前に知っておくべきこととして
こちら側から譲歩することで安くなる方法というものもあります。

 

 

たとえば、

荷物が少なければ、引越し日時をずらしてあげる、または、コンテナ便や割り勘便といった混載便の併用など、
こういった細かい条件をちょっと組み合わせるだけでも、料金が通常の半額になったりすることもあるんですよ。

 

 

それに、
専門の引越し業者といえど、近距離を得意とした業者、少量の荷物のために小さいトラックを保持している業者など、それぞれ得手不得手があるものなんです。

 

 

こういった業者の中で相見積もりをして、
価格競争をしてもらう事でさらに安くなっていく、それが引越し料金なんです。

 

 

その値下げ競争を有効に活用するためには、複数の見積もりをまとめて比較してしまう事がもっとも早い方法です。

 

 

少ない荷物であれば、1分程度のかんたんな入力で完了しますし、

 

 

もちろん、格安業者だけじゃなく、引越し専門の一流大手も参加していますので、
この機会に一括で安い業者を見つけて節約のためにお役立て下さい。

 

人気の引越し一括見積もり上位TOP3はこちら!

引越し侍

引越し侍は料金だけじゃなくサービス内容も比較できるので、条件に合った業者を見つけるのに適しています。
ご利用実績1800万件突破、満足度95.2%と知名度の高い引越し一括見積もりサービスで、利用料はもちろん無料です。

 

期間限定で10万円キャッシュバックキャンペーンが開催されいます。

 

公式サイトはこちら⇒⇒

ズバット引越し比較

ズバット引越しは一括見積もりサービスの中でもっとも多い業者が参加しているので、
少量の引越しの場合なら、激安な業者を見つけることが可能になります。

 

また、期間限定のキャンペーンとして、引越しエリアによって
豪華な特典がもらえるキャンペーンが開催されています。

 

公式サイトはこちら⇒⇒

ホームズ

ホームズのメリットは、見積もりを依頼したい業者を選別できる点です。

 

もちろん、大手だけでなく軽貨物に特化した業者が多数参加しているので
こちらも複数見積もりに含める事をお勧めします。

 

公式サイトはこちら⇒⇒

 

急な見積もりよりも、早め早めの見積もりの方が安くなるという現状があるので、
内容を一通りチェックしてみましょう。

 

 

 

少量の引越しだとどんな方法があるの

少ない荷物量だとまず候補に挙がるのが単身パックです。定められた規格容量のボックスに詰めるだけ詰めて専用のコンテナで運送する引越し方法で、行き先によっては鉄道を利用したりまたは海上を利用したりとトラック以外での輸送方法があり、通常、同じ行き先の荷物を一緒に輸送するいわゆる混載便という方法が取られます。

 

定額料金なので費用の算出もしやすいのですが、大型家電や家具はボックスには入りきらない為、その他の選択肢を選ぶ必要があり、最近では引越し業者でも単身パックは用意されていますが、トラックによる輸送が主で、専用BOXによる輸送は運送業者のみのサービスです。

 

また少ない荷物にはうってつけの方法が混載便と言う、同じ行先にまとめて安い料金で送る輸送方法があります。
おまとめ便や割り勘便とも呼ばれ、大手の引っ越し業者サカイやアートでも利用できます。
長距離を少ない荷物で送ってしまうと経費がかかり運賃が割高になってしまいますが、この方法は大量に一気に送ることで経費を削減し、節約できるという仕組みになっています。
ただし、到着日を指定できない、集荷から出発まで概ね一週間かかるという点が挙げられるため引越し先ですぐに必要になる荷物では利用すべきではありません。
また積み替え頻度が通常の引っ越し方法より多くなる為、故障や紛失のリスクが少なからず上がる為、保証加入の確認は必要になります。
大手以外では長距離輸送を頻繁に行っている中小企業でも扱っていますので見積もり時に利用できるかご確認ください。

 

他には、少量の荷物の場合宅急便という方法も思いつきますが、通常の引越し用段ボールは送るだけでも1500円以上の運賃がかかり、あっという間に1万円を超えてしまいます。また、割れ物もご自身で完ぺきに梱包しなければならず、搬送時に荷物の積み替えが多くなるため、あまりお勧めは出来ません。それであれば業者にトラックを借りて詰めるだけ詰めて運んだ方が安くなることがあるので、多くの見積もりを取られる事をお勧めしています。

少ない荷物だからこそできるフリープラン

引越しには各社、多様なプランがありますが、格安で引越すのであればフリープランの利用を検討してみましょう。
フリープランとは、作業が午後開始の引越しになり、(通常、前日に作業開始時間の連絡)その分料金が破格の安さになるというプランです。業者も毎日が忙しい訳では無いため、空いた時間を埋めることで人件費コストを抑えることができその分を消費者に還元するという仕組みです。
まさに搬出や搬入には時間がかからない少量の引越し用の為にあるプランといえ、比較的荷物の少ない単身であったり、転居先に生活必需品がそろっているご実家に帰る場合であれば、視野に入れてみるべきです。

 

荷物が単品の場合と複数点ある場合のお勧め業者はどこ

引越しでも家具や家電を単品で運ぶ場合であれば、ヤマト運輸が提供するらくらく家財宅急便という輸送方法があります。
こちらは一つ当たりに料金が発生し、イメージとしては引越し荷物の宅急便です。
搬送方法は、混載便になるため料金は格安です。また、距離に対する料金にさほどの差異は無く、同一市内でも同一県内の場合でもほぼ同料金になります。(日本を12エリアに分け(関東、関西エリアなど)、そのエリアをまたぐ場合にのみ料金が変動。)
距離数よりも荷物の大きさで料金が大きく変動します。
ただし、ベッドなど搬入する際に解体や組み立てが必要になる荷物や、洗濯機やエアコンのように取り付け取り外しが必要になる荷物には別料金が必要になります。

 

単品ではなく荷物が2点、3点ある場合は、ダック引越しセンターには家具だけプランといった輸送方法もあります。
個人では運べない荷物だけをお任せするためこちらも料金は格安になります。
通常、引越し業者はトラックを貸し切っての作業となるため、トラックの大きさ・台数によって料金が決まります。小さければ安くなるため、貸し切りトラックに荷物を積めるだけ積み込む積み切り便を利用すれば荷物の単価当たりの料金が安くなります。

 

少量の引越しでも単品であれば運送業者、荷物が複数点あれば引越し業者と候補に入れる事がお勧めです。

業者に安い料金を出してもらうには

引越し料金はトラックのサイズ・台数・距離といった運賃を主とし、次に人件費や資材費、養生費などの実費、そして荷物の設置費や解体・組み立てといったオプション費で見積もりを出されます。
運賃には概ね決まった料金があるため大した差異はありませんが、人件費の相場では1人1日12000円〜18000円当たりと異なり、加えて段ボールなどの資材費やオプション費が無料の業者もあるため、これらをまとめて安い業者を探すには同じ条件で比較による競争が鍵になります。
さらにそこから、上述のようにフリープランやおまとめ便を組み合わせることによってまたさらに値引きが可能になります。
また、その際には自宅での見積もりをお勧めします。
自宅での見積もりが必要な理由は、荷物の大きさや転居先で玄関から搬入できるかの確認、そしてその荷物量に対して必要になるトラックのサイズの確認です。1社当たり30分もかかりませんし、行うだけで数万単位で変動することもあるからです。
少量といえどもそれらの確認と打ち合わせのために足を運んでくれる業者の方が信頼のおける引越し業者になります。

 

種類の多い単身パックプラン

少量の引越しであれば単身パックプランも視野に入りますが、種類も多くまた運ぶ荷物によっても異なってきますので、かんたんにまとめておきます。
まず、クロネコヤマトの単身引越しには2種類あり、通常の単身パック(1.84m3)で運べる荷物は単身冷蔵庫(約100L)、小型洗濯機(4kgサイズ)、段ボール10箱、布団などを合わせて(荷物量のイメージでは大体押し入れ1段分です。)料金は14000円〜です。
また家電が無い場合は、miniタイプ(1.40m3)があり段ボール15箱まで運搬可能です。
こちらのプランでは段ボールなどの資材費は有料(3200円)となっているため、費用を浮かすのであればスーパーやドラッグストアでもらってくる方法をお勧めします。割れ物の梱包は新聞紙で代用できます。
その他の荷物に家具やエアコンなどの大型家電がある場合は、らくらく家財宅急便と併せて利用するか、または長距離の引越しであれば日通のコンテナ便を利用する方法もあります。

 

日通には単身パックS・L・Xの3種類があり、最小のSサイズ(1.23m3)はヤマトより少し小さいのですが(約0.2ルーベ)料金は16200円〜と2000円ほど高くなります。
Xサイズはコンテナを利用した方法になり、ベッドやソファーなど大型家具がある場合に利用するパックです。ただし鉄道にコンテナを載せ輸送する方法のため、近距離の引越しでは利用できず、150km以上の移動距離がある場合のみの選択肢となります。日通も梱包資材費は有料(3024円)となっています。

 

佐川は若干異なっており種類も多くなります。一番安いのはカーゴ単位で運ぶ1Rカーゴプラン(1.08m3)になり、同一市区内の輸送では21000円〜となっています。また少量コースもあり、荷造り梱包はご自身で出来、トラックで移動のみを依頼であれば、チャータープランもご用意されています。ただし、こちらは借りれるトラックが大きいサイズしかない為か、同一市区内の移動でも40000円からと高い料金設定となっています。
佐川は料金形態が少し分かりにくいため、興味のある方は公式サイトより見積もりを取られる事をお勧めします。

 

上記の中で一番安く少量の荷物を運ぶのであればクロネコヤマトの単身パック通常プランがお勧めになりますが、現在では引越し業者も単身パックプランが続々増えてきているため色々な業者で無料見積もりを取る事が必須になります。